• 法人・個人の税務申告書の作成サービス(税務・会計顧問)

 法人税は決算書をもとに、消費税は元帳をもとに計算しますが、いずれも適正な会計処理を基礎としています。最近の税務ソフトを利用して指示通り入力すれば、自動で税額が算定できますが、勘定科目の用途に統一性がない、同じ勘定科目名であっても会計と税務の要件が異なっているため、区分できるように管理する必要があるなど、決算処理だけでなく、期中処理も重要になります。
 うみもと会計事務所は、顧問税理士として税務をお引き受けいたします。

~巡回監査方法について~

 うみもと会計事務所の巡回監査は、アフターコロナを見据えて、クラウド会計ソフトの利用で会計帳簿を共有するリモート作業にも対応しています。コミュニケーションはChatwork https://go.chatwork.com/ja/ やZoom https://zoom.us/ 等を利用したチャットやWEB会議システムにより効率よく実施いたします。もちろんお客様のご要望や内容に応じて直接訪問にも対応しています。

また、帳簿共有はマネーフォワード(以降、MF)や弥生会計オンライン等のクラウドソフトを利用することで効率的に進めています。なお、MFでは、外部のパートナーとの連携は「メンバー追加・管理」の使い方を参照の上、連携させることが可能ですので、相談対応は効率的に可能となります。

 記帳代行に際しては、状況に応じた外部サービスも活用することで、貴社の成長に取り組みます。AI-OCRサービスの導入等で記者のデジタライゼーションやDX推進をご支援いたします。

 また、中小企業においては、資金調達(日本政策金融公庫や中小企業庁の補助金申請)において、金利優遇や審査上のメリットがある中小会計要領の適用を支援いたします。

中小企業の実態に合わせた簡潔な会計処理等である中小会計要領を利用した決算書作成を支援します。https://www.nichizeiren.or.jp/taxaccount/sme_support/guide/
  • 自計化支援サービス(経理担当者・部門向けサービス)

 DX時代の到来による組織体制や役割の変化を前提として、自計化を支援します。
お客様自ら会計処理を行うことでタイムリーな数値把握ができるようになり、意思決定がタイムリーに行えるようになりますので、お客様の状況に応じた利用システムのクラウド化を支援します。例えば、マネーフォワード等のクラウド会計ソフトを利用することで、遠隔地からであっても顧問税理士によって帳簿確認を受けることが可能となります。また、会計システムだけでなく、契約管理、債権債務管理、経費、勤怠・給与に関する領域においても、情報システムの導入が比較的容易に進めることができます。