• 会計処理・決算開示サービス

 上場準備(IPO)会社の場合には、企業会計基準に基づいた会計処理を行うにあたって会計上の見積りが求められています。税効果会計の回収可能性の検討を判断する上では、税務だけでなく、会計基準の理解も必要になります。

 また、中小企業においては、資金調達(日本政策金融公庫や中小企業庁の補助金申請)において、金利優遇や審査上のメリットがある中小会計要領の適用など、貴社のステージに応じて機動的に支援いたします。

中小企業の実態に合わせた簡潔な会計処理等である中小会計要領を利用した決算書作成を支援します。https://www.nichizeiren.or.jp/taxaccount/sme_support/guide/
  • CFO/セカンドオピニオンサービス

 税務一般は引き続き今の顧問税理士に任せつつ、公認会計士による会計アドバイザリーとしての別の事務所と契約するといった、機能別の使い分をしていただくことも可能です。税務処理に関しても、税理士にとって得意分野は異なるので、時には別の専門家を利用することも有効です。監査法人や顧問先からの指摘対応で、社内で相談することができない場合にお手伝いいたします。

  • 税務申告書の作成サービス

 法人税は決算書をもとに、消費税は元帳をもとに計算しますが、いずれも適正な会計処理を基礎としています。最近の税務ソフトを利用して指示通り入力すれば、自動で税額が算定できますが、勘定科目の用途に統一性がない、同じ勘定科目名であっても会計と税務の要件が異なっているため、区分できるように管理する必要があるなど、決算処理だけでなく、期中処理も重要になります。

”うみもと会計事務所”では、税務申告書の作成サービス(記帳代行及び巡回監査含む)を提供します。

 うみもと会計事務所の巡回監査は、アフターコロナを見据えて、クラウド会計ソフトの利用で会計帳簿を共有することで、リモートでの作業を推進しています。コミュニケーションはChatwork https://go.chatwork.com/ja/ を利用したチャットやビデオ通話により、効率よく実施し、必要な場合において、訪問いたします。

また、帳簿共有はマネーフォワード(以降、MF)のクラウドソフトを利用することで効率的に進めます。MFでは、外部のパートナーとの連携は「メンバー追加・管理」の使い方を参照の上、連携させることが可能ですので、相談対応は効率的に可能となります。

 記帳代行に際しては、状況に応じた外部サービスも活用することで、貴社の成長に取り組みます。AI-OCRサービスの導入等で記者のデジタライゼーションやDXを推進します。

  • 税務コンサルティング

 事業を営んでいる方だけでなく、給与所得者や配偶者の方が副業による多額の収入がある場合や、住宅の売却を行った場合には確定申告が必要になります。また、新居購入や医療費が多かった年は所得税の確定申告で税金が還付できることもあります。さらに、上場株式の配当が多い方の場合には、個人住民税の課税方式を所得税と異なる課税方式を選択できることで税負担を軽減できる等もありますので、確定申告する際にご相談ください。