令和3年度税制改正大綱の概要 その2

住宅資金贈与の非課税の特例の見直しについて

~ご両親や祖父母からの住宅購入の援助資金について!~

令和3年度税制改正大綱の概要 その1でお伝えした住宅ローン控除がらみです。住宅取得の際の親御さんからの資金援助がある場合は、非課税限度額がUPします。

令和3年4月1日から同年12月31日まで非課税限度額が予定されていた前年度からの引下げがなく、維持されることになりました。

以下表は、消費税率10%で契約した住宅用家屋の贈与時の非課税限度額です。8%の際は△500万円です。

住宅用家屋の取得等にかかる契約の締結時期省エネ等の住宅用家屋左記以外の住宅
令和2年4月1日~令和3年3月31日令和4年3月31日(延長)1,500万円1,000万円
令和3年4月1日~令和4年4月31日1,200万円800万円

なお、住宅の床面積が40平米以上50平米未満の住宅の用に供する家屋に対する贈与を受けるには、その1でお伝えした条件:合計所得1000万円以下の方が対象になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です